ポール・スミス店舗紹介

NO IMAGE

ポール・スミスを取り扱うショップは全国に多数展開していますが、その中でも特に魅力的な全ラインが揃う旗艦店(全国各地のショップの中で、ブランドを代表し、中心的な存在となるショップのこと)である『Paul Smith六本木店』を紹介します。

【Paul Smith 六本木店】

住所:東京都港区六本木7-8-6

電話番号:03-3478-5160

営業時間:11:00-20:00

 

Paul Smith六本木店は、平成28年4月29日にオープンしました。

150坪という広大な敷地面積は、ポール・スミスの店舗としては、世界最大級を誇ります。

店舗内は、ポール・スミスの美学である「洗練」と「控えめで上品な美しさ」を完全に反映させた非常に現代的な空間になっています。

ディスプレイされた商品はもちろんですが、店内の内装デザイン、ヴィンテージ家具等の空間を彩る様々なアイテムの配置や配色が絶妙で心地良く、まるで、「ポール・スミス美術館」に来たかのような芸術的な空間は、来る人をわくわくさせ楽しませてくれます。

店舗の顔ともいうべき入り口・正面部分

非常に明るめのトーンの鮮やかな赤地に黒文字でブランドロゴが表記されており、これは、メキシコ人建築家のルイス・バラガンからの強い影響を受けているもので、ポール・スミスの商品が放つカラフルかつ楽観的な印象を写し出しているようです。

店内

店内に入ると、手作りのモザイクパネルをはめ込み構成されたグレーのコンクリートの床が目を引きます。

このモザイクパネルは、常に少年のような遊び心を持ち、ちょっとした驚きや意外性といったスパイス的なディテールを加えることに定評のあるポール・スミスらしさが表れているように感じます。

また、ショップ中央に設置された数段のカラフルな階段の先に進むと、イギリスから運んだ古い木材を使用したパーケットフローリングの異なる風情の空間が広がっています。

メンズとウィメンズのそれぞれの商品は、視覚的調和を与える方法により、店内の様々な場所に魅力的にディスプレイされています。

様々な異なる空間にそれぞれの商品が一番引き立つようにディスプレイされた「空間デザイン」は、アート作品を見ているような楽しい気持ちにさせてくれます。

アートウォール

ポール・スミスショップを印象付ける存在をも言える壁一面の「アートウォール」ですが、六本木店のアートウォールはこれまでの店舗にはない高さを誇っています。

全長23メートルのカーブしたウォールには、現代アート作品と共に、雑誌の表紙・レコードジャケット・ポストカード等、計272点ものコレクションが掛けられています。ジャンルは多様で、全てポール・スミス自身が収集してきたものです。

ハイカルチャー(アート作品)と良い意味での安っぽさ(ポストカード等)がミックスされたこのアートウォールは、独特な存在感を放ち、見る人を楽しませてくれます。

そして、店内に配置されたイタリア製やアメリカ製の様々なヴィンテージ家具も、空間を彩る魅力的な存在となっています。

マハラム社

きれいに修復された1950年代のイタリア製ダイニングテーブルは、アメリカのミッドセンチュリーデザイナーであるエイドリアン・ビアソールの作品である2脚のラウンジチェアと共に配置され、そのラウンジチェアは、ポール・スミスがビッグストライプのデザインを手がけ、「マハラム社」が張り地を手がけたオリジナルのファブリックで張り替えが施されています。

マハラム社とは、老舗の格式高いテキスタイルブランドであり、マハラム社が手がけた生地はシカゴ美術館やMOMAに永久貯蔵されたり、クーパー・ヒューイット・デザイン・ミュージアムからも賞を受賞するなど、多方面から高い評価を得ています。

梱包方法から倉庫の収納方法に至る本当に細かい部分まで徹底的にこだわり抜くマハラム社の方針は、ポール・スミスをはじめ多くのデザイナーから支持を得ています。常に革新的であり続けるマハラム社は、ポール・スミスと相通じるものがありますよね。

このように、店内に配置された、こだわりぬかれた美しい家具の一つ一つが店内で独特の存在感を放ち、ポール・スミスのブランドの世界観を表現する大切な要素となっています。

ポール・スミス店舗紹介カテゴリの最新記事