ポール・スミス アウトレット

NO IMAGE

あの伝統的なブリティッシュスタイルを継承するポールスミスもアウトレット商品が発売し、アウトレットモールで販売を行っていることを知っていますか?ネットでも数多くのアウトレット商品が取り扱われています。

ポールスミスはイギリス出身のファッションデザイナー「ポールスミス」が手がけるブランドです。世界中で愛されていて、日本でもそのファンはとても多いです。ポールスミスのアウトレット商品はどのようなものなのでしょうか。

日本におけるアウトレットの歴史

アウトレットは英語で「はけ口」「出口」を意味します。もともとは1980年代にアメリカで誕生したと言われていて、90年代に市場が急激に拡大し、大きく成長することになりました。当時は発売された時に売れ残った在庫品や、製造過程で傷がついてしまったものを正規の価格ではなく、安く販売する工場や倉庫が「アウトレットストア」と呼ばれ存在していた。

アウトレットストアは品揃えが良く、様々なブランドを取り扱っているのでアウトレットモールと呼ばれるようになりました。アウトレット店舗に自社製品の直接販売を行う「ファクトリーアウトレット」と小売店がメーカーから仕入れた在庫品、訳あり品を販売する「リテールアウトレット」の2種類があります。

アウトレットモールの多くは郊外、観光地に立地しているで車でアクセスするのが良いでしょう。日本に初めて開業したのは1993年に埼玉県のアウトレットモール・リズムで、現在では全国に35ヶ所以上のアウトレットモールがあります。

 

なぜ、ブランド品アウトレットが増えているの?

モノが売れない時代になってきたことは言うまでもありません。最近では企業側の販売促進目的で、最初からアウトレットで安価な価格で販売する目的で作られている製品も少なくありません。本来ならば、売れ残った在庫、型落ち、展示会でのサンプル品がアウトレットになるはずですが、企業側の市場調査の手段としても販売が行われているようです。

実際に消費者が店舗で行う会話、行動、市場調査の一環であるといえます。アウトレット商品として価格設定をし、販売することで市場の需要を確認できることもアウトレット店舗増加の要因の一つといえます。

アウトレット商品のメリット

メリットは3つあります。1つ目はハイブランドを安価な値段で購入できることです。デパートや直営店で買うと高価な商品も、お手頃な価格で手に入れることができます。ほとんどの商品を10〜90%オフで購入することができます。

2つ目はちょっと変わった商品を見つけることができることです。正規展でしか取り扱ってないような製品や、型落ちしたモデルなど思わぬ掘り出しものがあるかもしれません。

3つ目はネットで購入できることです。正規の価格や、サイト同士の価格を確認してじっくりと時間をかけて考えることができるのは消費者にとって大きなメリットです。しかし、デメリットもあります。旅行気分で財布のヒモがゆるんでしまうことがあります。

ポールスミ のアウトレット商品

アウトレットの店舗を持つ理由としては、ブランドのイメージを損なわないためでもあります。アウトレットの店舗があることで、在庫や訳あり商品を販売することができます。商品の入れ替わりを早くして顧客の購買意欲を損なわないのも戦略の一つと言えます。ポールスミスはどのアイテムも高品質です。

クラシックさを現代風に味付けしていくデザインがとても魅力的です。アウトレットはあまり良くないというイメージは昔の話です。アウトレットで売られている商品は正規品と全く差がありません。アウトレットで購入した小物や洋服を身につけていても、気づかれることはないでしょう。

それくらい、ポールスミスはクオリティーを保証してくれます。実際に私もポールスミスの牛革財布(二つ折り)を使っていましたが、本物と遜色なく使用することができました。

アウトレットカテゴリの最新記事